スキップしてメイン コンテンツに移動

アミノ酸と美白の切っても切れない関係

  メラノサイトの量

メラノサイトの量は遺伝で決まっています。

メラノサイトのは働きは紫外線から肌を守ること。

紫外線を受けるとメラニン色素が作られますが、

これは肌を強い紫外線から守る働きをしています。

しかしこのメラニン色素が多いと

日焼けを促進してしまいます。

ひいてはシミやそばかすを作ることになります。

シミやそばかすの生成にメラノサイトが関わっていることがわかりました。

アミノ酸の中にシステインがあります。

システインは

メラニンの生成をコントロールするアミノ酸です。

システインの材料はセリンとメチオニンです。

ですから

メチオニンやセリンをサプリで摂取するのも有効です。

できれば紫外線の工芸から直接防御できればいいのですが。

実はあるんです。

グルタチオンです。

グルタチオンは

システイン、グリシンそしてグルタミン酸が結合してできたものです。

これらと紫外線対策の化粧品を併用して、

からだの中からシミやそばかすなどを遠ざけましょう。

このブログの人気の投稿

13歳とは思えぬ色っぽさと気品!

ダコタ・ファニングさんの妹
2004年に公開されたディズニー英語版の『となりのトトロ』で姉妹そろって声優をやっていたなんて.
姉妹とは
ダコタ・ファニングと妹のエル・ファニング
ダコタ・ファニング・・・わたしはSFがすきですから、「宇宙戦争」を思い出しますね。
エル・ファニングはスーパーエイト」ではアリス役で好演。
二人の天才女優が姉妹なんて!
アメリカの映画文化、あるいは演劇文化の奥深さ感じます。
女優はどのように育つのか?

13歳とは思えぬ色っぽさと気品!ダコタ・ファニングの妹エル・ファニングの『SUPER 8』でのツンデレ演技が魅力! - シネマトゥデイ

送料無料!!【DVD】TAKEN<テイクン> コンプリートBOX/ダコタ・ファニング ダコタ・フアニ...

アルブチン他 厚労省認可認可の成分

アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体、ルシノール、トラネキサム酸、エラグ酸、プラセンタエキス、 ハイドロキノン、リノール酸、カモミラET、t-シクロアミノ酸誘導体 ハイドロキノンは強力な漂白効果がある。 通常2%までの配合は販売が厚労省から許可されている。

カミツレ

カミツレ

カモミールの名のほうが知られてますね。

ハーブティーとして飲んでる方も多いですね

安眠の薬として使われる事もあります。

不定愁訴の解消にも役立つようです。

心の安定は、美容の原点です。

自然の力も利用しましょう。

入浴剤としてもいいですね。

タグ:

ハーブ系化粧品

ハーブでリラックス