スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2016の投稿を表示しています

敏感で乾きやすい肌を持ってる方が多い日本人

クリニークは

美白の先の美しさを提案してる。


クリニークの研究で

日本人の肌の持ってる特有性を

「敏感で、乾きやすい」としてる。


何故か?

「日本人は他の人種に比べて
肌に本来そなわる天然保湿因子(NMF)成分の
もととなるタンパク質(フィラグリン)の量が少ないことが
分かりました。
つまり、
日本人の肌はもともと潤い因子が少なく、乾燥しやすい傾向にある」


日本人がもともと角質層が少ないことと相まって

乾燥肌の方が多いんですね。


クリニークによると

保湿因子が少ないと

乾燥しやすい
透明感がなくなりやすい
肌ダメージを受けやすい
色ムラが出やすい
キメが乱れる
ふっくら感やなめらかさが損なわれる


思い当たる方も多いと思います。



そしてそのための化粧費を開発したというわけです。




乾燥肌のメカニズムについて(なぜ乾燥するのか?)

皮膚の保湿は

以下の3つの原因から探る。



皮脂分泌量が低下したり

天然保湿成分(NMF)が減少

あるいは

角質細胞間脂質などの減少により

そもそも少ない日本人の角質層、

その角質層の水分含有量が低下する。

おおまかに以上3つの理由で

乾燥する。

また

ターンオーバーのサイクルが乱れても

乾燥肌になり、

病気等によっても皮膚の乾燥は生じる。



乾燥肌の人は

自分の乾燥肌の原因を探ることからはじめよう。





クリニーク イーブン ベター トライアル セット【送料無料】
価格:3,240円(税込、送料込)














アミノ酸と美白の切っても切れない関係

メラノサイトの量メラノサイトの量は遺伝で決まっています。メラノサイトのは働きは紫外線から肌を守ること。紫外線を受けるとメラニン色素が作られますが、これは肌を強い紫外線から守る働きをしています。しかしこのメラニン色素が多いと日焼けを促進してしまいます。ひいてはシミやそばかすを作ることになります。シミやそばかすの生成にメラノサイトが関わっていることがわかりました。アミノ酸の中にシステインがあります。システインはメラニンの生成をコントロールするアミノ酸です。システインの材料はセリンとメチオニンです。ですからメチオニンやセリンをサプリで摂取するのも有効です。できれば紫外線の工芸から直接防御できればいいのですが。実はあるんです。グルタチオンです。
グルタチオンはシステイン、グリシンそしてグルタミン酸が結合してできたものです。これらと紫外線対策の化粧品を併用して、
からだの中からシミやそばかすなどを遠ざけましょう。