スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

敏感で乾きやすい肌を持ってる方が多い日本人

クリニークは

美白の先の美しさを提案してる。


クリニークの研究で

日本人の肌の持ってる特有性を

「敏感で、乾きやすい」としてる。


何故か?

「日本人は他の人種に比べて
肌に本来そなわる天然保湿因子(NMF)成分の
もととなるタンパク質(フィラグリン)の量が少ないことが
分かりました。
つまり、
日本人の肌はもともと潤い因子が少なく、乾燥しやすい傾向にある」


日本人がもともと角質層が少ないことと相まって

乾燥肌の方が多いんですね。


クリニークによると

保湿因子が少ないと

乾燥しやすい
透明感がなくなりやすい
肌ダメージを受けやすい
色ムラが出やすい
キメが乱れる
ふっくら感やなめらかさが損なわれる


思い当たる方も多いと思います。



そしてそのための化粧費を開発したというわけです。




乾燥肌のメカニズムについて(なぜ乾燥するのか?)

皮膚の保湿は

以下の3つの原因から探る。



皮脂分泌量が低下したり

天然保湿成分(NMF)が減少

あるいは

角質細胞間脂質などの減少により

そもそも少ない日本人の角質層、

その角質層の水分含有量が低下する。

おおまかに以上3つの理由で

乾燥する。

また

ターンオーバーのサイクルが乱れても

乾燥肌になり、

病気等によっても皮膚の乾燥は生じる。



乾燥肌の人は

自分の乾燥肌の原因を探ることからはじめよう。





クリニーク イーブン ベター トライアル セット【送料無料】
価格:3,240円(税込、送料込)














最近の投稿

アミノ酸と美白の切っても切れない関係

メラノサイトの量メラノサイトの量は遺伝で決まっています。メラノサイトのは働きは紫外線から肌を守ること。紫外線を受けるとメラニン色素が作られますが、これは肌を強い紫外線から守る働きをしています。しかしこのメラニン色素が多いと日焼けを促進してしまいます。ひいてはシミやそばかすを作ることになります。シミやそばかすの生成にメラノサイトが関わっていることがわかりました。アミノ酸の中にシステインがあります。システインはメラニンの生成をコントロールするアミノ酸です。システインの材料はセリンとメチオニンです。ですからメチオニンやセリンをサプリで摂取するのも有効です。できれば紫外線の工芸から直接防御できればいいのですが。実はあるんです。グルタチオンです。
グルタチオンはシステイン、グリシンそしてグルタミン酸が結合してできたものです。これらと紫外線対策の化粧品を併用して、
からだの中からシミやそばかすなどを遠ざけましょう。

アルブチン他 厚労省認可認可の成分

アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体、ルシノール、トラネキサム酸、エラグ酸、プラセンタエキス、 ハイドロキノン、リノール酸、カモミラET、t-シクロアミノ酸誘導体 ハイドロキノンは強力な漂白効果がある。 通常2%までの配合は販売が厚労省から許可されている。

美白の思想

美白って何でしょう?

日本人は白いのかな?

黄色と言われてるよね~

元々日本人は混血だ!

いろんな民族の血を持って生まれた人種だよね。

日本人は強い民族だ。

小さな島でがんばってきた民族だね。

領海も領空も境界もなく自由に行き来してきた民族だ。

もっと黄色に自信を持っていいんじゃないかな。

さて美白ではなく美肌だね。
色黒美しい人も多いんだね、

それを強みしようね!


タフになろうね。


ハイドロキノンと美白

美白の化粧品の成分をみたことがありますか?
そこにハイドロキノンと記載されていることがあります。
たとえば、



これは


アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110 11g
と表示があります。
このHQがハイドロキノンです。

スポットケア専用の夜用集中美容液 です。

ガンコなシミを時間差で夜通し集中攻撃 し、美肌を作る化粧品です。
沈着メラニンを封印 するわけです。
アマゾントップセラー商品ですね。

ちなみにこのハイドロキノンは工業原料でもあります。
でも決して危険ではなく、皮膚科でも美白剤として利用されています。
つまり濃い物は処方箋が必要というわけです。
ただし2%までの製品は店頭で購入可能です。
濃ければ良いという物ではないのですね。








ビオレさらさらUV 美白効果

ビオレさらさらUVのシリーズ


SPF50+なおかつ潤いのある使用感・・これってお得ですね!


UVケアは日常化してるのが現状。


毎日使うからこそのの機能が入ってる製品だそうです。




2012年2月25日新発売



寒い日が続きます 冷え性のかたには温活

□冷え性対策

衣類や食事などで対応する。

衣類は「ヒートテック」のような機能性の衣類がお勧めです。

食事は体を冷やすものを避けましょう。

では一体何を摂取するか?

しょうが、ニンニク・・・

温活をしましょう!

女性では多い低体温症

35度C台の方が増えています。

ダイエット・・・食事制限や運動不足、体を締め付ける衣類、

血液の循環が悪くなり、内臓に影響を及ぼす。

血色が悪い。

だるい。

やる気が起きない。

対策:

おなかを温める。

カイロ、腹巻・・